「むりこぶ絵」「カウントダウンの面白さ」「進化するシステム」「あとはシナリオを・・・」ゆずソフト10周年

 

歴代OPを制作したフロンティアチャイルド

 

 

CoTOHyTVYAIo2uf

 

CoTOfVmUsAEv7Qk

 

CoTOfPjUIAAtCXP

 

CoTOfjgUsAEecZn

 

過去作品を雑に紹介ムービー

 

 

ゆずソフトも10周年! 当時はここまで大きくなるとは思わなかったですが、今では押しも押されぬ人気メーカー。分からないものですねw

 

ぶらばん 2006年7月28日発売

 

img_5

 

一作目はぶらばん。スタジオメビウスのスタッフが立ち上げたメーカーから純愛エロゲが生まれると話題に。本物の楽器演奏をBGMに使うのが売りだったような・・・えび可愛い。

 

EXE 2007年6月1日発売

 

 

二作目はEXE、当時の伝奇ブームを物語る作品。ここでカウントダウンが始まったんですよね。まだYouTubeが一般的ではない頃、flashで見れる動画というのは新鮮で、しかも本編よりも面白いというのが更にネタになりました。

 

夏空カナタ 2008年5月23日発売

 

 

三作目は夏空カナタ、美麗なムービーに小島を舞台としたひと夏。ついに絵だけと言われ続けたゆずソフトも覚醒するかと思いきや、蓋を開けると・・・あはははは。ダメな子を愛でるような雰囲気が生まれた瞬間。

 

天神乱漫 2009年5月29日発売

 

 

このままではゆずソフトが潰れる、そういう空気から一転、ギャグ中心の作品に原点回帰。OPのポーズもニコニコで流行りましたね。サブヒロインの攻略が広がったのも、この頃。

 

のーぶる☆わーくす 2010年12月24日発売

 

518QZi6b6VL

 

あのゆずソフトのシナリオが面白いとどよめきが巻き起こる。とりあえず買い続けていた僕も、シナリオの良さに動揺、ついに独り立ちしたなと感慨に耽ってしまいました。

 

DRACU-RIOT! 2012年3月30日発売

 

 

人気メーカーに上り詰めた6作目、ドラクリオット。童貞捨てるつもりが、人間辞めてました」というキャッチコピーに、フルアニメオープニングとゆずソフトの実力を見せ付ける作品となりました。前作ではランプとコラボしていたけど、以降はサガプラとのコラボに変更。

 

天色*アイルノーツ 2013年7月26日発売

 

 

前作で稼いだ金でシナリオも強化、有名ライターを引き連れどんな凄いものが生まれるのか期待に胸を膨らませた7作目。実際にプレイすると・・・厳しい。

 

サノバウィッチ 2015年2月27日発売

 

 

メインヒロインのコスチュームには二度見してしまう、ゆずソフトの本気、8作目のサノバウィッチ。
萌えとエロのバランスが非常によく、シナリオものーぶるの次に好きな作品です。

 

千恋*万花 2016年7月29日発売

 

 

1年に1本ペース位でリリースしているんですね。今までの積み重ねの上に、ゆずソフトの人気が成り立っているんですね。延期もする事なく、ユーザーの信頼を裏切らないのも高ポイント。これからもフラグシップとして、業界を引っ張ってください。

紹介 ぐぬぬ

感想が中心、意見があればコメントどうぞ

コメント入力欄