解散を賭けたクラウドファンディングではない、これは新しいあっぷりけになるチャンスなんだ!


 

『コンチェルトノート』 CMムービー

 

 

あっぷりけが行うクラウドファンディング

 

 

ニコ生にてクラウドファンディングを告知させていただきました。様々な反響があり、ユーザーの皆様や業界関係者の皆様から、温かいお言葉や厳しいお言葉いただいています。あらためて告知させていただいた内容につきまして、今回説明させていただきます。

自分がエロゲが好きであっぷりけというブランドを作ったときは、自分が面白いと思う作品を作ろうと思っていました。あっぷりけは10年続き、おかげさまで沢山のファンの皆様に応援していただけるようになって、沢山の要望をいただくようになりました。ブランドとしてはそのファンの皆様の声に応えるということがとても大切だと思っています。

ファンの皆様からの要望と、自分たちが面白いと思える要素、それらのバランスをとって、自分自身がちゃんとお金を払って買いたい商品にするということを強く意識してゲーム制作を行ってきました。

でも私の力不足でそのバランスが取れていないところもあり、要望が細分化していく中で、思うような売上が出ずに予算も減ってしまい、昔の作品の方がよかったという声もいただくことが多くなりました。しかし同じ作風を続けると、一度合わないと思ったユーザーの方からは、今回も合わない、と思われてしまうため、ブランドとして継続していくためには様々な試みが必要だと思っています。

そこが上手くいかず、ブランドとして売上が減少していき、採算が取れなくなってしまった場合は商業的に活動を停止するしかありません。あっぷりけの活動を停止しよう、正直そのように考えていたこともありました。ですが沢山の方に「まだやれることはあるはずだからやろう」と支えていただきました。また沢山のファンの方にここまで支えていただいてきました。ファンの方に…もがっかりされてしまいますし、そこをそう見せないための工夫が制作に求められると言われればそうなのですが、それはやはりここまでお世話になってきた制作スタッフにどうしてもしわ寄せがきてしまいます。

ゲームを作るのはお金もそうですが長い時間がかかります。皆さん人気のクリエイターなのにそんな長い時間拘束をして無理してもらってまで、作るべきかというところにも悩みが生まれていました。開発費を抑えた新チームでの制作というのも検討しています。ですがそれもあっぷりけのいつもの制作チームから新作が出ずに、それしか出ないというのもやはり一番大切なあっぷりけファンの皆様をがっかりさせてしまうのではと思いました。

そこで今回クラウドファンディングと言う形でファンの皆様と向き合い、達成金額による作品ボリュームなども公開した上で、企画・シナリオが桐月さん、キャラクターデザイン・原画がオダワラハコネさん、BGMが鷹石しのぶさん、楽曲がエンジェルノートさん、で企画を提示して、ゲーム制作させていただきたいと考えました。ファンの皆様に喜んでいただけると思う企画を提案させていただきますので、もしやってみたいと思っていただけたらぜひご支援いただけますと幸いです。

ニコ生放送でさせていただいた内容と同じつもりではありますが、うまく話せず伝わっていなかったところも多いかと思います。本当に申し訳ございませんでした。クラウドファンディングのリターン内容は事前に色々調整したいと思うところがありましたので、ニコ生でご意見をお伺いしたいという趣旨もありましたが、ただクラウドファンディングを行うリターン内容の発表と見えてしまった部分もあり、色々誤解を招いてしまったこともお詫びいたします。

引用元:あっぷりけ Official Web Site

 

6月10日に行われたニコ生放送について

 

 

スクリーンショット (3071)

 

一言で言うと酷い放送でした。事前に話があると告知があり見ましたが、蓋を開ければ解散を賭けたクラウドファンディング。昔はよくノリリン放送を楽しみに見ていましたが、頼りないノリリンの姿はショックでした。

 

以前から言われていた「もうフルプライスの作品は作れない」

 

「予算的にもう出来ない」と言ったフルプライス規模のゲームを作れるようになるには

 

今年は忙しさも落ち着いて久々にあっぷりけの新作『月影のシミュラクル』をプレイしましたが、『黄昏のシンセミア』を思わせるあっぷりけらしい話に感動して「あぁ、エロゲって良いな」と実感。より作品に触れたいと製作者のTwitterの話を見ていたのですが「もうフルプライスは作れない」と不穏な言葉を見かけ驚きました。実際かなり厳しい状況だったのですね。

 

個性的なメーカーが次々に潰れている状況

 

C7CalwnVoAAl739

 

今年に入りLassなど一時代を築いたメーカーが倒産し始め、ますます生き残りに厳しさが増してる美少女ゲーム業界。そんな中であっぷりけも音を上げたという形でしょうか。propellerもそうでしたがストーリーや演出に力を入れたメーカーが競争に負け、姿を消してゆくのを見ると悲しくなります。

 

あっぷりけの方向性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻しますけど、今回の放送で何が一番嫌だったのかって「ノリリンが作りたいもの」が全く見えない事なんですよ。

製作費が足りない、もうゲームを作れない、クラウドファンディングします、リターンはこれです、協力お願いします。豪華な特典を語るだけで「面白いゲームを作る」熱意が見えなかったんですよ!それが本当に悔しい。ファンに喜ばれるものばかり目を向け、ノリリンが作りたいものが伝わらずもどかしい。

 

クラウドファンディングには『夢』が必要

 

 

クラウドファンディングに一番必要なものは「この人の持つ夢に付き合いたい!」と思わせる企画だと思うんですよ。リターンを豪華にするのも、そこに嬉しさや楽しさがあってこそ。伝えたいもの、それを無しに企画は全く動きません。

 

クラウドファンディングで制作する作品とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一人じゃない、二人でも足りない、それはみんなで描く絆の物語」の続編?

 

これは解散を賭けた話ではない、あっぷりが新しくなるチャンスなんだ

 

スクリーンショット (3072)

 

周囲から色々言われるかもしれない、だけど答えなんてどこにもないと思う。正解なんて人によって異なるし、何が正しいか決められるのはノリリンだけなのだから。あっぷりけというブランドを見直し、新たな価値を創造していく。クラウドファンディングの内容を発表する時、楽しそうに自分の夢を語るノリリンの姿を待っています!

 

それなら、なんぼでも力を貸しますよ!!

 

紹介 ぐぬぬ

イチャラブこそ至高

コメントを残す