あなたにはこの世界、どんな風に見えますか? 『この世界の片隅に』感想

 

予告動画

 

 

あらすじ

 

1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。

引用元:解説・あらすじ – この世界の片隅に – 作品 – Yahoo!映画

 

一人の女性を追った戦時中の日常

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-847

 

広島で生まれたすず。普通の家庭で育った、少しぼーっとした彼女が語り部となる本作。嫁ぎ先として呉に移り住み、そこで新たな生活を始める。

 

すずさんが見せる様々な表情

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-848

 

彼女が見せる様々な表情がいいんですよね。のほほんとした画風でありながら、時には麗らかに、時には感情を荒げる人間臭さが共感を呼び、作品へと引き込まれていきます。

 

壊される普通

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-843

 

新しい家庭にも受け入れられ、幸せな生活が待っていると思いきや、戦争の激化が彼女が築いた生活を脅かしてきます。前半の優しい雰囲気から一転、凄惨な戦争の現実を突きつけられ、落差に戸惑ってしまうことも。

 

そして明日の世界より

 

 

この作品をどう纏めようか迷いましたが、エロゲーマーらしく言えば「そして明日の世界より」ですかねw

 

戦争や時代に翻弄され、辛い事があっても懸命に居場所を守ろうとする姿。
決して派手さはないけれど、生きる本質を見せられるようで、胸が熱くなる素晴らしい作品でした。

紹介 ぐぬぬ

感想が中心、意見があればコメントどうぞ

コメント入力欄