「大阪、神戸、そして京都へ」ゆずソフトの舞台、聖地巡礼に行ってきました


 

大阪に開発室を置くゆずソフト

 

IMG_0018

 

関西に行ったら是非やってみたいと思っていた、ゆずソフトの聖地巡礼。今回、BGMライブが関西で開催される機会がありましたので「1日だけ」という条件で、最大限回れるスケジュールを組んで行ってきました。

 

大阪編

 

ドラクリオットの背景

 

20120401171312 (1)

 

IMG_0007

 

尼崎駅近辺の連絡橋で一枚。ドラクリオットは吸血鬼物なので夜の背景が多く、印象に残る場所が少ないですけが比較したらバッチリ一致、感動しますね。

 

天神乱漫の舞台となる学園

 

img50accfc7zik0zj

 

IMG_0009

 

この「Z」が特徴的、見た瞬間に分かりますが場所が問題。平日は撮影して捕まっても文句が言えない、休日で良かった・・・。

 

サノバウィッチのデートスポット

 

スクリーンショット (1580)

 

IMG_0026

 

グランフロント大阪北館の4F、エスカレーターがある所を回ってようやくポイントへ。奥のエスカレーターの形状そのまんまで驚きましたw

 

神戸編

 

千恋*万花の神社

 

CmQC2UXUMAAjElq

 

IMG_0058

 

三宮駅周辺は見慣れた背景が密集していて楽しめました。特に僕がこの旅行で一番感動したのが、この生田神社! 遠くからでも一目瞭然、その姿に感動。

 

EXEの繁華街

 

exe21

 

IMG_0037

 

駅近くのオーパ前、角度を合わせてやっと分かるレベルw

 

のーぶる☆わーくすの繁華街

 

noble7

 

IMG_0042

 

同じく三宮駅前、LOFTは隣の建物に入っていますが看板はそごうなんですね。

 

オシャレなスタバ

 

スクリーンショット (1570)

 

IMG_0073

 

三宮駅から山側の方へ歩くと、寧々の契約者が経営する喫茶店が見えてきます。普通に営業している姿は嬉しくなります。

 

朱里が血を吐いて倒れた場所

 

0203 (1)

 

IMG_0064

 

北野異人館から更に奥に進むと、のーぶる☆わーくすで最初に主人公と朱里が出会った場所に到着。急勾配で健康な人でも走って登ればゲロ吐くレベル。

 

京都編

 

サノバウィッチの待ち合わせ場所

 

スクリーンショット (1579)

 

IMG_0076

 

見て納得、駅を出て見上げればそこにあるw

 

京都観光らしい場所

 

05

 

IMG_0078

 

京都駅から徒歩15分、見えてくるは京都国立博物館。入館料は500円程で、中に入れば価値ある展示物が目白押し。しかし、今回は歴史的背景を巡る旅ではなくエロゲ的背景を巡る旅、のーぶる☆わーくすの学園が見れます。

 

サノバウィッチの待ち合わせ場所2

 

スクリーンショット (1581)

 

IMG_0079

 

ここもサノバウィッチで良く出る京都コンサートホール。めぐるはもちろん居ませんでした、残念。

 

サノバウィッチの帰宅道

 

スクリーンショット (1576)

 

IMG_0085

 

閑静な住宅街という事で場所は伏せますが、通れば「あぁ、ここだな」と分かりますねw

 

ゆずソフトは魅力いっぱい

 

 

2016年、ついに名実共に天下を取ってしまったか・・・感慨深い。ゆずソフトの魅力は何かに特化しているというより、総合的に優れているんですよね。作品作り以外でもプロモーションからグッズ展開まで。

 

今回の背景にしても実際の場所がモチーフであり、過去のキャラクターを配置するなど、一見目立たずともファンが見れば思わずニヤリ。登場人物と世界観が自然と溶け込んでいて安心してしまいます。舞台探索はより作品を知る切っ掛けになり、愛着が湧くんですよね。

 

今度はどこ行こうかな?

 

紹介 ぐぬぬ

イチャラブこそ至高

コメントを残す