アクティベーションは本当に中古市場を潰す為に導入するものなのだろうか?


 

Azurite『シンソウノイズ』の認証について

 

 

パッケージ版のインストール手順

 

STEP1.DMM GAME PLAYERをインストールする
STEP2.DMM GAME PLAYERにログインする
STEP3.アクティベーションコードを入力する
STEP4.『シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~』をインストールする
STEP5.『シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~』をプレイする
引用元:PCダウンロード版のインストールと起動手順 – シンソウノイズ – Azurite

 

ソフトウェアで売買される使用権

 

第5条 禁止行為
ユーザーによる以下の行為は禁止されます。
(1) 第2条の許諾の範囲を越える本ソフトウェア等の複製又はその複製物の使用
(2) 本ソフトウェア等の改変、統合、リバースエンジニアリング、解析等の行為
(3) 本ソフトウェア等の譲渡、貸与、再使用許諾等の行為、その他他者に使用させる一切の行為
ユーザーが第1項に違反して、本ソフトウェア等を改変し又は他のソフトウェア等と統合した場合、その結果についての権利は当社に帰属(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)し、ユーザーは当該権利について、他者に対し、譲渡、貸与、使用許諾をしてはならないものとします。

引用元:スクウェア・エニックス サポートセンター

 

僕も仕事でソフトウェアを扱う場合もありますけど、使用権を第三者に売却というのは馴染みがないですね。物であれば所持ち主に所有権がありますから売却可能ですが、無形償却資産の場合、所有権は著作権者に帰属されるというのが基本の考え方だと思っていました。ただ、ネットを見てみると映画以外の著作物には譲渡権が設定されているというのもありますし、メーカーがそれぞれ使用権の範囲を設定して、譲渡を認めている場合もある。画一的な判断ができないグレーゾーンというのが、中古市場とった所なのでしょうか。

 

メーカーも中古市場を潰すという目的で認証を入れている訳では無い

 

 

 

 

 

必要な事は相互理解と価格適合

 

僕がこの市場を見る上で必要と思う事に、まず相互理解があると思います。BtoCでユーザー全てに情報を行き渡らせる事は難しいと思いますが、それにしても情報開示が少なく遅い。メーカーが率先して認証導入する意義を伝えず、誰がするでしょうか。

 

正直、僕は中古市場が無くなった方が良いと考えています。品揃え豊富で最新OSに対応したものを販売するDLが今後の主流となり、パッケージ版も『シンソウノイズ』のようにDLコードが入ったものに変わるべきです。ただ、その際に必要なのが価格適合、旧作には旧作に応じた柔軟な価格設定をして、出来ればアマゾンプライムのように定額制サービスも提供できるようになれば、他のコンテンツに負けない魅力ある市場が生み出せると考えます。

 

新しい「当たり前」を作る為に

 

 

その為にもメーカーが利用料を貰える仕組みを考え、ユーザーが賛同して共に試みていく事が必要だと思います。その結果として、面白い作品をみんなで楽しめたらいいですね。

 

紹介 ぐぬぬ

イチャラブこそ至高

4件のコメント

  1. 店員さんはあかべぇが認証カード卸すってのを試した時も中古潰しだなんだ騒いでたからねぇ(社長は置いておいて)…

  2. それなんてえrg

    >>はまーさん

    中古市場を残すために認証外せという論調は、無理がありますね。

    もちろん、メーカーもユーザーの為にという綺麗事だけではなく、自社のコンテンツ保護を土台として利用権を回収する事も考えるでしょうし、それはメーカーが有する権利だと思います。

    >認証カード

    これは僕も悪いとは思いません。貰うもの貰う代わりにより良いサービスを生んでくれれば、それが正しい姿だと思います。

    >社長

    それは……ノーコメント

  3. とおりすがり

    うーん残念ながら中古市場はつぶせないですね。理由は中古市場が出来上がった時のいきさつにありまして、初期時に売り上げに応じてインセンをメーカーに払うのでゲームを中古で売りたいって中古業者が打診したのですが、メーカー側突っぱねて裁判になりました。
    で結局、中古業者が勝ってしまい、中古市場が国に認められるわ、中古から収入を得ることは出来なくなるわになっちゃったのですよね。
    で裁判所は過去の事例にそった判決を基本するので、今から中古市場をつぶそうとしても過去の判例から負けてしまいます。
    それと認証システムは私は反対ですね。というのもどんな綺麗な言葉をかざそうと正規ユーザーに不便を強いるシステムに変わりないからです。
    過去に似たような文面を掲げ導入した音楽CDの複製ガードシステムCCCDは、導入してからCDを買う人は一気に減り音楽業界は衰退してしまいましたよね。
    エロゲ業界も以前にガードシステムの導入が流行して導入エロゲが売られたことがありますが、売り上げが落ちたという理由で導入エロゲは一気になくなりました。売り上げが落ちた理由として正規ユーザーが不便なため他の候補エロゲを買った、ブログやえろすけなどで批評を書いていた割れユーザーが遊べなくなったので書き込みが減ったことで認知されなくなった(割れ事態は悪と思いますが発売前にどれだけ認知されるかが売り上げに直結するかは、発売前に2chでスレ立てしまくったり、まとめサイトに記事を大量に書いて貰ったラムネーシ○ンと言うクソゲーが不況と言われる中でかなりの売り上げを記録した事で証明されています。・・・ただ中身が伴わないと2度目は無いでしょうが)。
    企業側が求めたシステムであっても、正規ユーザーが求めるシステムで無いと、ユーザーにそっぽ向かれますし、自ら首を絞めトドメを刺す事になります。

  4. うーん・・・

    これは一生賛同を得ることはできないでしょうね。
    メーカー側の理想を語っているだけで、ユーザーの意見をくみ上げてるわけじゃないですからね・・・
    商売と一緒で客に商品の良さを説明出来ないと買ってくれないよね。認証システムを導入したからといって作品が良くなるわけでも無いしさ・・・
    例えばケーキを売ろうと思っているメーカーが、買ったケーキを友人に送られたら利益にならないからケーキには手を加えずに箱を頑丈にして、暗証番号付きで開けにくくなったけど、誰にも取られませんよ。顔認証も付けたから他人にもあげれませんよってドヤ顔してるのと同じで、ユーザーはそんな箱は求めてないのにメーカーが強要しても売れるはずないですよね。
    ケーキを売りたいなら箱では無く、ケーキ自体を、そしてケーキを作っている職人に力を入れるべきです。
    エロゲもこんな認証システムに力を入れるより、エロゲ自体の品質向上と、原画家やシナリオライターが業界から逃げ出している意味をちゃんと考えて環境改善してあげるべきでしょう。

コメントを残す