チュアブルソフトのディレクター室から残念な会話が聞こえてきた 草壁「精液!」めろん「今出せばいいんですか?」草壁「ちげぇ!」

 

ディレクター部屋から酷い会話が聞こえてきた

 

 

 

 

 

残念な俺達の青春事情。

 

 

残念とはなんぞや

 

『残念』っていうのはなかなか扱いが難しい言葉でして、これだけ聞くとどうしてもマイナスな印象を受けてしまうんですよね。

でも、ちょっとだけ考えて欲しいんです。『果たしてこの世に残念じゃない人間なんているんだろうか』、と。

確かに本作のキャラクター達はそれぞれ欠点を持っていますが、それは人としてごくごく普通のことなんだと私は考えています。

誰しも欠点があって当たり前だし、完璧な人間なんてどこにもいない。だからこそ人は互いの手を取り合って『みんな』でいられる。

そう考えると、『残念』って言葉がちょっと素敵に聞こえてくるから不思議ですよね。

引用元:『残念なの。』開発日誌第1回:まずはご挨拶&残念大喜利スタート!:エロゲできるかな:チュアブルチャンネル(チュアブルソフト) – ニコニコチャンネル:ゲーム

 

紹介 ぐぬぬ

感想が中心、意見があればコメントどうぞ

コメント入力欄