ティザーサイトを公開する意義とは? マーケティングにおけるイノベーター理論


 

ティザーサイトへの疑問

 

 

 

 

 

マーケティングにおけるイノベーター理論

 

普及率16%の論理とキャズム
ロジャースはイノベーターとアーリーアダプターの割合を足した16%のラインが、商品普及のポイントであることを指摘し、これを「普及率16%の論理」として提唱している。

イノベーターはその製品が実用的であるかにかかわらず、目新しさを支持して購入する層であるため、多くの人が共感するようかは別である。一方、アーリーアダプターはその製品が提供する新しい価値や実用性に着目して購入するため、このオピニオンリーダーとも呼ばれる層に支持されて初めて市場に受け入れられたと言える。 一般にアーリーアダプターは社会において他の消費者への影響力が強いと言われる。そのゆえアーリーアダプターへの対応が重要だと説く。

引用元:イノベーター理論 – MarketingPedia (マーケティング用語集Wiki)

 

飽きさせない情報公開

 

ここで話されているのはイノベーター理論ですかね。情報公開から普及率16%をいかに超えるか、イノベーターやアーリーアダプターは、特に熱しやすく冷めやすい傾向にありますから、逐次情報公開して、飽きさせない工夫が必要となります。規模に応じては、公開してしまえば一度に知れ渡る所もありますので、そういうメーカーは強いですね。

 

ティザーサイトを使ったプロモーション実例

 

CzoYIX_UsAAq9Pe

 

 

Cw0feYyVIAA5HGy

 

 

Cx3J6sRUUAAdyJ_

 

 

CzdjpcnUsAAUbd0

 

 

今後のキャズム越えはスマホ向け市場

 

CzoU8tRUoAELwxY

 

「パソコンそのものというより、Windows市場からのユーザー離れが加速している。これまではパソコン=Windowsという感覚でやってきましたが、すでにandroidがOSのパソコンも存在している。スマホのandroidやiPhoneも機能的にはパソコンと変わらない。この状況でOSをWindowsに依存することはやめよう、というのが今回の試みです」

引用元:GAME HEADLINE

 

狙うはスマホユーザー、PCに限らず様々な環境でプレイできる形が整いつつある状況で今は試行錯誤といった所でしょうか?

 

紹介 gununu

イチャラブこそ至高

コメント入力欄