最後の演出にほろり 『佐藤ひろ美引退ライブ~ハローグッバイ~』に行ってきました

 

12月23日開催「佐藤ひろ美引退ライブ~ハローグッバイ~」

 

 

様々な楽曲を3時間

 

 

多数の友情出演

 

 

 

当時を懐かしむ、しみじみとしたライブになりました

 

 

チケットは取っていたものの、仕事の兼ね合いで行けるか微妙でしたが、出張の合間に寄れるという事が分かって参戦。知ってる曲が多くて盛り上がった反面、これで終わりという寂しさも感じ、しみじみとした余韻を残すライブとなりました。以下、印象に残った曲をピックアップ。

 

聴けて一番うれしかった曲『ウィッチズガーデン』

 

 

まず一番聞けて嬉しかった曲はウィッチズガーデン。病気で療養しているフェイランさんが出演、ふたりで歌い上げる姿に感動。

 

佐藤ひろ美さんの曲で一番好きな『夏のファンタジア』

 

 

僕が佐藤ひろ美さんの曲を聴く入口は、いつだって美少女ゲーム。その中でも特に好きな作品の主題歌が流れ出した時、大袈裟ではなく鳥肌が立ちました。

 

ツインボーカルの迫力に驚いた『祝福のカンパネラ』

 

 

今回のライブは佐藤ひろ美さんの引退という事もあって、ゲストがほんと多かったです。その中でも特に衝撃を受けたのが『祝福のカンパネラ』でしたね。NaNaさんとのツインボーカルはライブで聴くと熱量が全然違う。その迫力に圧倒されました。

 

KOTOKOがもうボロボロだった『One-Chance!! 』

 

 

涙もろさはEGGで分かっていましたけど、今回も泣いてボロボロでしたね。こっちも釣られて泣いてしまいそうでした。それでも実際に曲が始まると持ち直す辺りは流石プロ。ノリの良い曲で全力で楽しめました。

 

とにかく懐かしい曲が多い

 

 

これ以外にも、ジサツのための101の方法、FOLKLORE JAM、涼風のメルト、ラムネ、みずいろ、これまで歌い続けた曲が目白押しで大満足。懐かしむ人も、最近知った人も、この今を共有して楽しめるのはライブの魅力ですね。Zwei Worterのイントロが流れた時、知ってるんだけどタイトルが思い出せず悔しかったw

 

最後の演出にほろり

 

 

締めの曲はもちろんハローグッバイでしたが、全てが終わった後に訪れる演出にはやられました。グリーングリーンの早苗ルートで見たメールを思い出してしまい、トラウマスイッチオン。メッセージを前に泣いてしまいましたよ、どうしてくれんですかw

 

ファンと共に歩む「これから」

 

虚淵や新海など、別の業界で更なる活躍をする人もいる中で、このイベントを一つの門出とし、本業での活動に期待します。楽しいひと時を有難うございました!

 

紹介 gununu

イチャラブこそ至高

コメント入力欄