好きなイチャラブゲーを3つ挙げてみた(共同企画「好きなエロゲを3つ挙げろ」)


 

相互ブログ共同企画「好きなエロゲを3つ挙げろ」

 

スクリーンショット (4154)

 

折角、相互ブログになったのだから、何か面白い事やりたい!と始めた共同企画「好きなエロゲを3つ挙げろ」 5人程度集まれば良いなと思っていったら、総勢17ブログ参加して頂けるという状況に当事者が一番ビックリしていますw

これも最初に声をお掛けした方、広めて下さった方、快く参加頂いた方のお陰だと思います。ありがとうございます!!

それで、僕は何を書こうか迷ったのですが、今の僕がプレイして一番「楽しい」と思えるジャンル”イチャラブゲー”に絞る事にしました。イチャラブと言えば「ヒロインとバカップルする」だけと思われがちですが、次に挙げる作品はそれを超えた、満たされる作品ばかりなので、気になったものがあれば是非、プレイしてみて下さい。

 

①蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1(sprite)

 

 

好きな人の為に一生懸命

 

スクリーンショット (4144)

 

まず一つ目、『蒼の彼方のフォーリズム』と言われたら何を思い浮かべますか? 大空を駆け巡るフライングサーカスする姿が真っ先に浮かぶと思います。ライバルに立ち向かい、挫折し、それでも上を向いて努力する熱い作品。 しかし、真白ルートのその後が描かれるEXTRA1では、そんなシーン表立って出てきません。ストーリーはただ「女の子が好きな人と一緒にデートをする。」それだけなんです。 だけど、これが『蒼の彼方のフォーリズム』という作品か?と聞かれたら、間違いなく「そうだ!」と答えてしまうんですよね。

『蒼の彼方のフォーリズム』という作品は「挑戦」

決して人より優れた部分がある訳ではない真白。自分の周りには美人で、カッコ良くて、おっぱいの大きいヒロインが勢ぞろい。そんな中で負けてられないと、主人公に好きになってもらう為、今まで苦手だった料理やオシャレに挑戦するんです。

 

一途な可愛さ

 

スクリーンショット (4145)

 

始めは失敗ばかり、落ち込んだりもします。それでも諦めず友人の力を借りて、努力して、迎えるデート当日。自信満々に見せる笑顔がほんと可愛いんですよね。他の人から見ればデートなんて、大会で優勝するといった大きな目標とは比較にならないと思うかも知れません。それでも好きな人に喜んでもらう為、懸命に頑張る姿は、どんな競技をしている時よりもカッコ良い。特に印象に残るのは真心籠った料理を振る舞うシーン、こんなんされたらイチコロですわ。

真白、そして『蒼の彼方のフォーリズム』という作品がより好きになるFD。まだ本編をプレイしていないという方でも、充分に伝わる内容になっていますのでオススメです!!

 

②フレラバ(SMEE)

 

 

友達になって、恋人になって

 

スクリーンショット (4147)

 

「エロゲやりたいな」と思った時、皆さんはどんな作品を手に取りますか? 人によってその基準は様々だと思います。ストーリーを重視したり、刺激を求めたり。ただ、僕が選ぶならこれですね。”ヒロインとイチャラブしたい”それを十二分に叶えてくれる作品がこの『フレラバ』です。

好きになる過程

最初の出会いは友達未満。それが時間と共に打ち解け、好感を持ち、付き合い始める。ヒロインが徐々に心を開いてゆく過程が丁寧に描かれているんですよね。決して目立ったドラマがある訳ではないのに、それでも続きが見たく手が止まらない、ニヤニヤが止まらい。お陰でSMEE沼から抜け出せなくなりましたw

 

見えてくる本来の姿

 

スクリーンショット (4151)

 

もう一つ、この作品の良い所は主人公が本当に恰好良いんですよ。普段はふざけてヒロインを弄るのに、ふと彼女が弱さを見せた時、優しく頼りになるんですよね。こんなん惚れても仕方ないですわ。関係が深くなるにつれ表れる彼女本来の姿。弄られたら慌てて、些細な事で泣いて、そして笑って、ヒロインが可愛くて可愛くて中毒になる作品です。

 

③サノバウイッチ めるぐルート(ゆずソフト)

 

 

相手の気持ちを知りたい

 

スクリーンショット (4152)

 

最後に一つ、何か強烈だったのを選ぼうとした時、真っ先に思い付いたのがこの『サノバウイッチ』。その中でもめぐるルートは破壊力抜群。ニヤニヤが止まらないどころか、あまりのイチャラブぶりに破壊衝動に駆られる始末、濃厚な甘みを楽しめる作品に仕上がっています。

相手の気持ちが分からない

感情を味覚として感じる力を持ちながら、一番好きな相手の気持ちがまるで分からない。「何を望んでいるの?」「どうすればいいの?」すれ違いながら、互いに試行錯誤し合い、徐々に縮まってゆく関係がもどかしくて初々しくて。保住圭と言えばイチャラブを描くが得意なライターと言われていますが、その中でも『サノバウィッチ』のめぐるルートは最高傑作だと思います。

 

心が通じ合う幸せ

 

スクリーンショット (2471)

 

「手を繋ぐ」ただそれだけのイベントなのに、物凄い多幸感に包まれるんですよね。一緒に居るだけで満たされる関係。二人になった時に甘える仕草にしろ、どれもが濃厚でこれに耐えられるエロゲーマーはイチャラブ好きの資質ありです! ストーリー良し、エロも良し、自信を持ってオススメ出来る、ゆずソフトが生み出した至高のイチャラブゲーです!!

 

今回の参加者リンク(敬称略)

 

そこはかとなくエロゲを綴る

 

 

普段からシナリオを重視した作品をプレイしているみなせさん、選ばれるものも癖の強い作品ばかりですね。エロ一回だけは当時話題にもなりましたたが、僕も好きですね。お朱門ちゃんワールド全開で言い回し一つ取っても癖になります。み、み、みるくちーー♪

 

気がつけば複数買い。

 

 

清流さんは抜きゲ専門にやられている方と思っておりましたが、見てみると和姦中心ですね。最初に取り上げている作品は初エロゲですか・・・やっぱり印象に残りますよね。僕の初エロゲは『君が望む永遠』で、あれがトラウマになって今に至るというか、面倒なヒロイン好きはここから来ていると思います。良くも悪くも原点ですねw

 

すときゃすてぃくす

 

 

今回、人集めにご協力いただいたゆず茶様。選ばれるエロゲは価値観を変える衝撃を受けた作品という所ですかね。僕も古色のあの変態システムは苦労した覚えが、意地になって自力攻略しました。(あれを3日で出来たゆず茶様凄い)死にまくって、詰まって、それでも諦めず辿り着いたエンディング。感動しますよね。

 

悩むなら はじめてしまおう エロゲーマー

 

 

ひきにく様はギャグゲー好きな方と思っておりましたが、最後の一本は意外で驚きましたw あの作品をネタバレ全開でレビューする記事は是非読んでみたいです!

 

私情主義

 

 

「私がPC-98シリーズでプレイしたゲーム」えっ、そっち行ったんですか!? ヒンメル様凄いですw 最近では周年作品も取り上げられるようになり、レトロゲームにも目が行くようになっておりますし、こういう記事も面白いですね。

 

Reverie Note -Egoistic-

 

 

ながちょむさん凄い・・・文書量半端ないですね。一つ一つ丁寧に感想が綴られていて読んでいて楽しいです。ほんとご協力頂きありがとうございました!

 

御巫祭り(改)

 

 

『ク・リトル・リトル』の名前が見えてテンションが上がってしまいましたw 僕も当時オープニングのカッコ良さに惹かれ買ったのを覚えています。デンカレ最高ーー!! 伊藤ヒロ作品はその後に気になってRURURUや、ラノベも読みましたね。

 

Ossan Gamer Diary

 

 

たすかむ様は車輪やあやかしびとを選ぶ辺り、燃える展開が好きなんですかね。僕もあやかしびと大好きです!トゥルーの怪獣大決戦も良いですけど、クロノベルトへと続く人間のまま九鬼に立ち向かうEDは最高にクール。どのキャラクターも個性的でしたね。

 

飢えた鼠はエロゲを噛みぬ

 

 

ねずも様も文書量が多く読み応えある記事、僕の手抜き記事が・・・w 3つのうち『Nega0』はプレイした事ないので気になります。感想記事はこういう新しい発見があって良いですね。

 

ジグザグパラドックス

 

 

四階堂様はエロゲ歴20年に達するのですか、凄いですね。選ばれるものを見ると伝奇物が好きそうで『ドラクリウス』のベルチェは今考えるとバブみのあるヒロインでしたね・・・ママーッ、ママーッ!!

 

おいしいデザートは最後に

 

 

初エロゲはこう見ると、その後の性癖に凄い影響を及ぼしますね。こなたん様は『宵待姫』ですか。僕はまだプレイした事がないのですが、ロリババァと聞くと俄然興味が・・・面白そう。

 

よい子わるい子ふつうの子 2

 

 

OYOYO様は先にお問い合わせ頂いていたのですが、3つ選ばれたものを一つ一つ記事にする形式を取っておりまして、こちらが最初の一つ『僕と、僕らの夏』について書かれたものになります。ほんと丁寧で読み易く、勉強になります。第二回、第三回と引き続き書かれるそうなので、読むのが楽しみです!!

 

立ち寄らば大樹の陰

 

 

たいき様は「現在、推したい好きなエロゲ3選」今プレイしたもの、これから発売するものに目を向けた選び方ですね。ひよこソフトの『消えた世界と月と少女』は伝奇の雰囲気がたっぷりで楽しみですよね!!

 

買わぬ買わんの右往左往は浮き立つほどに浮き立ちて明け暮れないの物語

 

 

B2Fさんは「旅」がテーマ。今回はほんと選び方が人によって違いますね エロゲで表現される様々な世界観、背景から練られた設定まで、別の角度から見るとまた新たな楽しさが生まれる。それもエロゲの醍醐味なのかも知れません。

 

エロゲ価格相場を見守るブログ

 

 

突然の依頼に快く参加頂きありがとうございます。ionさんはおファックなエロゲを選ばれたようで、どれも個性ある作品ですね。『この大空に翼を広げて』は僕も選ぶか迷いました・・・被らなくて良かった。このくそったれな世界に、精一杯の愛をこめて。これからも更新頑張って下さい!!

 

ビビろぐ

 

 

ビビろぐ様も突然声をお掛けして、時間のない中参加頂きありがとうございます。また何かありましたら是非やりましょう!!

 

最後に今回参加頂いた方々、ほんとありがとうございます!!!

 

紹介 ぐぬぬ

イチャラブこそ至高

3件のコメント

  1. イチャラブがないと、「あれ?俺エロゲ買ったのに…」口寂しくなる感覚。わかります。
    3本の中でプレイ済は「サノバウイッチ」だけなので
    彼女基準で書きますと
    出会いから妙に近い距離感でもだんだんと判らなくなって……
    そう距離感。あの距離感いいいいいいいいいいですよね!?

  2. ピンバック:好きなエロゲを3つ挙げる【Special】 – Reverie Note -Egoistic-

  3. >>B2Fさん

    コメントありがとうございます。
    そうなんですよ、エロゲ買ったのにヒロインとイチャラブする場面が少ないと寂しいんですよね。

    『サノバウイッチ』はあの互いに好きなのに計れない距離感がじれったくて堪らないっすw

コメントを残す