• 戯画 『キミの瞳にヒットミー』 応援中!

音楽家の引退は、自分の中に音楽が消えた時 『マイ・インターン』感想

 

プロモーションビデオ

 

 

あらすじ

 

ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。

引用元:解説・あらすじ – マイ・インターン – 作品 – Yahoo!映画

 

70歳からのリスタート

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-940

 

見終わった後にほっこりした気持ちになれる本作。

定年し妻も先立ち、何か生き甲斐をと再就職をするも、その先は畑違いのアパレル業界。そこで今までの経験を元に活躍するという流れではあるものの、それはビジネスより、人付き合いや、家庭といったプライベートの部分が多いんですよね。

 

ベイビーステップ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-938

 

会社を立ち上げ一心不乱に働き続けた女社長ジュールズだが、出資者からは経営から一歩引くよう言われ、家庭にもヒビが入り疲れてしまう。そんな時にベンが年長者らしく彼女を支える、現代の働き詰めで疲れた社会人へ向けられるエールのようなものが込められている気がするんですよ。

立ち止まって今までの自分を振り返ってみる事も必要。初心に帰って、それで更に進みたければ、一歩一歩進めばいい。

 

働くとは

 

オリジナル版 ⇨ The Intern(ザ・インターン) Experience never gets old.(経験は決して年をとらない)
スペイン語圏 ⇨ Pasante de Moda(ファッション界のインターン) Nunca es tarde para intentar. (何かするのに遅すぎることはない)
日本語版   ⇨ マイ・インターン アドヴァイス一つで人生は輝く

引用元:「マイ・インターン(The Intern)」感想と評価(ロバート・デニーロの映画と共に歩んだ40年の人生)

 

言語圏によってお国柄かサブタイトルが異なって面白い。僕の目線からこの物語を見た場合、ベンからジュールズへと経験が渡されてゆくように見えたんですよ。彼の経験が周りを惹きつけ、動かされた誰かは、更に誰かを動かす。その繰り返しが社会というものを生む・・・あれ、これクラナド?

「音楽家の引退は、自分の中に音楽が消えた時」働きたいと思えば働けばいい、遊びたければ遊べばいい、心の赴くままに行動することが、幸せな人生を歩む秘訣なんですね。

紹介 ぐぬぬ

感想が中心、意見があればコメントどうぞ

コメント入力欄