風のように、炎のように 『B.G.M Live!!2017大阪-Fandisk-』行ってきました


 

大阪遠征

 

C3z_pIoVMAALdPJ

 

 

前回の東京に続いて、今回は大阪での開催。ファンディスクという触れ込みだけに、幅広い年代に喜ばれる曲が選ばれていて本当に面白かったです。以下、個別に感想を書かせて頂きます。

 

始まりは『花の野に咲くうたかたの』

 

 

オープニングを飾ったのはAyumiさんの「華暦」。いきなりアップテンポな曲で「いいぞ!あっぷりけはいいぞ!」と心の中で呟くばかり。和ロックっていいですよね。

 

これぞまさにバルドスカイ

 

 

EGGでも「 jihad」が聴けて感動しましたが、今度はEDが聴けるとは。大好きな作品で聞いた途端、懐かしさと共にじわっと温かさが胸に広がりました。曲と作品がイメージとしてリンクしているのって、エロゲソングの良さだと思いますよ。嬉しかったです。

 

いとうかなこのターン

 

 

 

僕がこのライブに参加しようと思った一番の理由が「いとうかなこ」さんの曲が聴ける事。だけど、始まる前までは「ニトロは聞けないよな」と思っていました。しかし蓋を開けると『沙耶の唄』から始まって、『ハローワールド』に『デモンベイン』古参殺しの刃が続いて血吐きそうでしたw

 

 

『沙耶の唄』が始まった途端、会場も静まり返ってダウナーな気分。今までの流れを断ち切る最高にロックな展開で聞き惚れてしまいます。

 

冬だからって

 

 

IMG_0012

 

大阪に所在地を置くVAも参加、花送っていましたが伏線だったのですね。でも、数多くの名曲がある中から「Last regrets」が選ばれるとは思いませんでしたw 2017年の今、2000年前後の曲が聴ける尊さ、前回は「みずいろ」でアンニュイな気分になりましたが、今回も変な笑いが出てしまいましたよw

 

アリスソフトのターン

 

 

イントロが流れた瞬間、会場の空気が一変。それほど熱気が凄まじくて僕も飲まれてしまいました。今までのライブの中でも1、2を争う盛り上がりに脳の血管が切れそうでした。

 

 

そして次は・・・今年は本当に2017年ですか!? 「A night comes!」もゆいにゃんとAiRIのコラボで復活。予想の斜め上を行ってしまい驚き通り越し笑っちゃいましたよw

 

 

Shadeさんのコメントも、ただただ有り難い。凄い曲を制作して、それを聴いた人が感動を言葉にして、それがまた製作者に帰ってゆく、これ凄い健全な関係ですよね。ライブって箱の中でこれが随時行われていて好きなんですよね。

 

エロゲソング界のラスボス

 

 

10年選手がザラに居るエロゲソング界でも「かわいい」担当出来るのはゆいにゃんしかいないw 大阪開催という事でバランス取った選曲でしたけど、やっぱりいい曲ですね、面白かったです。

 

「PCゲーム業界」の未来のためのライブ

 

IMG_0100

 

去年からライブに行き出しましたけど、最初は頭をガツンと殴られる程の衝撃でした。それまで「エロゲソングは作品を構成する要素の一つであり、それ以上でも以下でもない」考えていましたけど、その一つに全てを掛ける歌手の姿、歌われる曲に感動してしまい、今ではすっかりファンになってしまいましたw

美少女ゲームが育んだ歌や映像が、今一線で活躍している方々の作品にも反映されて、皆に親しまれているって凄いですよね。この業界が好きで集まるイベントがずっと続いていけますよう応援してます。

あー、ライブ思い出しながらこのブログを書いていると、またエロゲがやりたい。

 

紹介 gununu

イチャラブこそ至高