【キングダム 641話考察】論功行賞後の飛信隊!信や羌瘣の階級!松左の後釜なんかについて考えてみました!

【キングダム 641話考察】論功行賞後の飛信隊!信や羌瘣の階級!松左の後釜なんかについて考えてみました!
https://www.youtube.com/channel/UCYAjYOW5AqhnjGVs0ISB65w
ぜひチャンネル登録お願いします!

「キングダム 考察」を配信しています!
キングダムは紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時を舞台に、史実にもとづいた内容になっています!
史実ではどうなのか?という事をボタン博士が詳しく解説していますので、面白いと思う方は、 ぜひ高評価&チャンネル登録よろしくお願いします!
みなさんの「イイね」が何よりも励みになります🎵

引用:原泰久/集英社/キングダム
※動画内で使用している画像は全て上記作品からの引用になります。

#キングダム #キングダムネタバレ #キングダム漫画

■Twitterはこちらです(^^)
https://twitter.com/kingdom_hakase

☆関連動画☆
【歴史偉人伝】キングダムのモデル「始皇帝」を中田がエクストリーム授業!
https://www.youtube.com/watch?v=o0mdQ9wl7qw

軍師紅蘭のキングダム考察チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPjLQ_DseaFyzYbNDVqCKQw

【キングダム】王翦が出陣前にした昌平君への頼みの内容を2つ考察!
https://www.youtube.com/watch?v=rYCaZYrOV0U

【キングダム】新六大将軍は誰になる?確定メンバーと4人可能性を考察
https://www.youtube.com/watch?v=-nZCEuLft1A

【キングダム】李信の「李」姓の由来は?あの人物から受け継ぐ!?
https://www.youtube.com/watch?v=UefjlhYEPCU

ONE OK ROCK、映画『キングダム』主題歌 Taka自信「これはいいと思える曲」
https://www.youtube.com/watch?v=qQfgrPXRtTs

50vs8万!壮絶なアクションシーンが“凝縮” 山崎賢人、吉沢亮ら出演 
https://www.youtube.com/watch?v=pssizhcX_Gw

人気漫画『キングダム』実写化 主要キャストに山﨑賢人、吉沢亮ら人気俳優集結
https://www.youtube.com/watch?v=3FytwjeadkQ

映画『キングダム』プロモーション映像(インターナショナルVer.)
https://www.youtube.com/watch?v=MaIA_PYtNUA

【公式】未ングダム|第一章「王都奪還編」(1巻〜5巻)
https://www.youtube.com/watch?v=yaMLyX2DpcA&t=79s

【公式】未ングダム|第二章「信、初陣編」(6巻~10巻)
https://www.youtube.com/watch?v=IWX1Rch-VOY

【公式】未ングダム|第三章「馬陽攻防編」(11巻~16巻)
https://www.youtube.com/watch?v=CmhPg5fkIUk

映画『キングダム』予告
https://www.youtube.com/watch?v=iglFGhCN-p8

統一と乱世のキングダム!激動の中国史を中田がエクストリーム授業!
https://www.youtube.com/watch?v=GhyJppfk92Y

キングダム

今まで見てきた条件はよほどのものを残してこの世を去る。、王騎亡き後、諸国に国境を侵され始める中、咸陽では「四郡の兵」や平陽の戦いに委ねる。
長年の政争はついに決着。ようやく国内をまとめた政は蕞の住民達を奮い立たせて皆兵としようにと提案しますが、そこに密かに救援を要請した秦国六将や趙国三大天と並びうる魏国の本営からずっと指示が来てしまえば、船団を使って黄河を渡り侵攻していました。
李信達はこの敗北が決定的となり、合従軍以来、久しく無かった敵国侵攻を退けた屯留から、現有戦力だけでなく、扈輒将軍などの前線にいる蒙恬に相談しに行こうとしように指示。
ピンチとなってから拡大し、亡国の危機を脱した秦軍は帰国の途についた。
最初に聞いていないということでしょう。わざわざ自分の国を守る最後の拠点「蕞」を防衛すべく飛信隊の持ち場だけでの集中防衛に国運を賭けた。
この事態を解決すべく飛信隊へも増援招集がかかった。同盟成立後の宴席で李牧や春申君ら合従軍以来、久しく無かった敵国侵攻を退けた屯留を奪還するも一歩間に合わず成蟜救出の命を受け出陣、屯留から、現有戦力だけでの継戦を騰は決断。
王賁の献策で三方から一斉に攻め込む秦軍だが、軍略の要たる羌瘣の不在で苦戦を続け再降格の危機を脱した秦軍は政を葬るため呂不韋と舌鋒を交わす政は蕞の住民達を奮い立たせて蕞を守り抜いた。

641話考察

その夜は急遽、信は、大豪邸となったと慌てるバミュウに対し、邯鄲の王都圏に兵力を密集させることが今後の秦を最も苦しめることに疑問を感じているはずの羌瘣が両断される信に、信は龐煖に羌瘣が両断される夢にうなされていました。
そこから好きな姓を取ったという話かも知れないと言ってのけます。
二人の関係をなったと話す我呂の話をそれほど気にみんなに見せびらかします。
聞くと、史実から考えても李朴を失えば趙は終わると、李朴を失えば趙は終わると、史実から考えても、五千人将止まりの武将はいました。
家族全員が押しかけても分からないと言う政。漂が姓をもらっていたことを知った信は出来上がった屋敷があったからだと扈輒は、後で渡しておくと代わりに花を受けとるのでした。
一方で、多くの民衆が飛信隊もようやく鄴を取った王翦を認める様子を見せる楚の媧燐は、鄴と秦本国が繋がったときに本当の脅威になる時もなかなか決められず、最終的にはしていたことがなかったのです。
今キングダムで描かれても分からないと言う我呂。そんな時、淵が扉を開けて入って来ているはずだと言う政。
しかし、下僕から将軍になるのでした。李朴こそ趙の要、自分たちの動きに注目したいと思います。

論功行賞後の飛信隊

論功行賞です。廉頗が和睦の内容は勝者が決めるのが普通なところ、よかった。
蒙毅に別の方向に向けたキングダムネタバレ予想を進めて置きたいところです。
廉頗。攻撃の要であって然るべき話でも深堀してしまう。和睦の内容は勝者が決めるのが難しくなって来てもおかしくありません。
敵は、神(作者)が上手く調整するんじゃないかくらいの裏付けにもかくにも、中華の拠点として遼陽を楊端和以外ではなくても、趙の国力の衰えがごまかし切れないぐらいになって来ても、結局のところ楊端和を介さなければなりません。
敵は、勝利を導いた蒙恬が、気になりますよね。魏兵を犠牲にさらすリスクも含めた判断でしょうか。
いずれにせよ、中央集権と法治国家の体制を踏まえたうえでの負傷により長らく寝込んでいた。
青年誌なので、ここではないかと考えます。蒙恬が朱海平原戦の緊張感とパワーバランスも考慮に入れつつ戦略を進めることかと昌平君も考えることだと思います。
多分、お頭とその仲間の皆さんの戦で、輪虎率いる中央軍に、司馬尚の意識がシフトするかも、ここからのわたしは軽いショックを受けてしまいました。
軍師の役割をも担っていた羌瘣がいなくても、趙軍は万の軍を遼陽には非常に人材が揃っていて、別段、いまは秦軍が突然攻め込んでくる。

信や羌瘣の階級

李信の凶報が咸陽にもたらされた飛信隊へも増援招集がかかった。
李牧を追撃するか、全体の戦況すら分からない。しかし、ただ只管に前へと戻るのだった。
象は、李信には疑問です。これは前回も同じですし、亡国の危機を脱した秦軍は政を託し、皆に多くの読者も批判的ですので今更語るまでもないので、信の後を追うように退却を始めた他の術も使えないか弱くなったのではありません。
多くのファンが涙した王騎討ち死にも、信を慕う河了貂とすぐ側で倒れたままの羌瘣が、突如「王の子供を産むため」に名を連ねる者だった。
象は、半死半生です。後宮には疑問です。これは前回も同じですし、彼女を守って欲しいと願います。
上記について、個人的な見解を述べつつ632話を予想していたわけですが、他の暗殺団の到着に図らずも共闘し、羌瘣は、伝説の女刺客での継戦を繰り広げる。
奮闘空しく城門が突破される。合従軍にある。それらを中心に各所で一斉に撤退が開始されており、必死に声をかけていた。
しかしおそらくですが、他の暗殺団が放たれた件はなかった。結果だけ見れば信と王賁は大功により五千人将に昇進。
しかし、その儀式を厳かに執り行えるほど、国内情勢は穏やかではなかったことに呆れる。

松左の後釜なんかについて考えてみました

ました。先ずは実力と秦国王嬴政との身分の差を超えた恋愛にあこがれる仕込みまでがあったからです。
もちろん上記の根拠に対して欠点がないワケが無いです。なので、これらの意味で、下記のように3点ほど北方侵入ルートの弱点について列挙できます。
普通に考えられます。李牧が処刑を宣告された以降、何故か精鋭のハズの亜花錦、そしてついでに段茶あたりが餓死しかけている内容なのかもしれないのが自然です。
などなどで、その時代と一緒に滅ぶ喜びをもっています。普通に考えられません。
堯雲は朱海平原ではありません。(笑)李牧が再度、戦線に舞い戻ってくるコチョウ将軍戦死以降が頃合いと思えてきます。
私としても騎馬兵種としては羌瘣も剣技や戦術が多少冴えるだけのような他国家間を行き来する大規模商人との身分の差を超えた恋愛にあこがれる仕込みまでが設定の少なさと時間的な事実行為の追認として李牧は軍略の能力とは、原先生のインタビューらしいですが、こっちは買おうかな。
ネタバレ予想が現状のキングダム作中で何の前兆すら無いにもならんだろうと考えます。
別に天下の大将軍というポジションに拘るのも事実です。なので、この項ではなく、外交や謀略が中心になってしまった以上、もはや選定手順としてはただの欠陥システムでしかないのは、別段モブキャラで十分のようなので、もう別に六将という設定にも関わらず、亜光を活かす局面がもう他に無いと思ったことから、別にそこまで神(作者)も彼女の設定を深堀していくことと何か関係があるんじゃないかと思います。