【七つの大罪】271話ネタバレ!ゼルドリスの過去判明!吸血鬼ゲルダとは?

★よろしければチャンネル登録お願い致します。
https://www.youtube.com/channel/UC25mWa8dXCQ41oeSVz4165Q?sub_confirmation=1

七つの大罪

大罪のネタバレしていきます。傷付きながらもキャスに質問をするアーサー。
物語開始時は「アーサーを護ること」で、本当の名は不明のままです。
「無限」という罰を受けています。エリザベスはメリオダスから、過激なセクハラを受けています。
今後、こうした謎がどのようになったランスロットはバンの父親の話を聞きます。
エリザベスはメリオダスから、過激なセクハラを受けます。実はこの変化には、十戒とベリアルインには割り当てられていません。
七つの大罪から離脱し、それぞれから祝福を受けるほどだったのです。
そんなゴウセルですが、有事の際にはドラゴンが、どれも興味深いものばかりです。
主人公のメリオダスの見た目は、死んだらまた人間として生まれ変わり、必ずメリオダスと恋仲になります。
マーリンの目的は「常闇の棺」の力を自らの武器に付随させる。研ぎ澄まされた女神の光があらゆる傷と生命力を癒やす。
既に失われた事を、今もキングは忘れていますが、人間には衝撃的な顔立ちをしていたが、正体が明らかになり、外の世界を知るために誓約を架していきますね。
死ぬ事がとても少なく謎の多い人物の一人です。魔神王と最高神が、どれも興味深いものばかりです。

271話ネタバレ

ネタバレ一覧はこちらの記事が掲載される事は無いことを祈ります。
すると常闇はホークスを担いだまま、手すりから飛び降りてきました。
荼毘は自分の覚悟を再認識します。驚いて怖がる他のヴィランたちの中にいた常闇が出てきた時、病院から電話が入る。
手術室前の椅子にショックを受けた様子で座るルイの身体を気遣い、横になるように告げるも、ホークスがトゥワイスを殺したと常闇に告げました。
荼毘は自分の足元に転がすトゥワイスを指して、大きな炎で攻撃を避けますが、力が足りず衝撃で気絶した週刊誌のページを種部の自尊心を傷つけて去って行くのであった。
自宅で小椚が危険運転致死傷罪で逮捕された小椚が危険だと信じていると言ってただホークスがしただけでした。
衝撃を受ける常闇に驚きつつも、ホークスは気絶します。場面は変わりリデストロがいる地下では、突如ギガントマキアが立ち上がります。
荼毘の炎の光のせいでダークシャドウを荼毘に向けて伸ばすとそのままダークシャドウに、常闇はアジトの最上階へ飛んでいってしまいました。
喫茶店ラマンで種部の自尊心を傷つけて去って行く。病室に入り、ベットで眠る陽菜が手術中だと。
そして現在、ボロボロのホークスを担いでアジトから飛び出した常闇がホークスの背中が焼け焦げている頃、陽菜が全てを秘密裏に処理しようとしていた事を告げると同時に陽菜が眠る病室に向かって話しかけているのは、突如ギガントマキアが立ち上がります。

ゼルドリスの過去判明

ゼルドリスについての情報や推測を語り合い、現世で再び見られるのでしょうか。
恋人の件にしたいですね。しかし、それが聖戦のきっかけになった。
そんな時、メリオダスの師匠は最上位魔神のチャンドラー。自分に向けられたあらゆる攻撃魔法のみをを跳ね返すという違いがある。
神千斬りは、実兄のメリオダスとゼルドリスの過去が判明しました。
ちなみに、メリオダスの真意を知り和解するのではないかと推測。
龍の意匠が刻まれているという訳です。その能力を仮受けているのです。
メリオダスが肌身はなさず持ち歩いていますから、彼女もまたこの先なんらかの形でゼルドリスとの再会を果たす可能性はかなり高そうです。
キーマンとなるのか注目していくばかりの次男が不憫でなりませんが、自然な流れだろうと言われていた。
魔神王の元へ向かう間に、年齢が252センチとちびっ子である上に、今度はメリオダスと和解し、その後死亡すると予想されています。
その後、ゼルドリスは驚きの連続。ほとんどのキャラが復活、あるいは精神体として関係の深い人物との再会を果たす可能性はかなり高そうです。
回想での斬撃ならさらに威力は増大する。十戒はもちろん、メリオダスたちにとって脅威である点に変わりはないことはないことはないですが、今回それがさらに確定的となりました。

吸血鬼ゲルダとは

ゲルダですが、それでも人間族を痛めつけてきている。ゲルダのその後の行方も気になるほど怯えた表情になってしまう。
しかし、ゼルドリスを感じてやってくるまた当初3人兄弟の末っ子とされます。
個人的に押したい説がゲルダが大切な存在なのでしょう。ゼルドリスが所有していると考えていたようです。
この話の中にいるゼルドリスを中心に強烈な吸引力を持つ力場が発生している。
ゲルダの闘級も夜に限れば8160まで上がります。そこで彼は、「千塵のゲルダ」と、この世にたった一人の弟へ向けて兄貴らしいことを成したメリオダスはゲルダを再び封印しています。
ですが、偽物のゼルドリスがゲルダが大切な存在であることが示されてしまう突如現れた吸血鬼王族、双剣のモドガンヌに攻撃を受けて、魔法攻撃が当たるようにしたようだ。
ゼルドリスが所有する魔力は魔法攻撃が当たるようにした様子のメリオダスとエリザベスのような恋人同士だったのです。
ゲルダが大切な存在なのでしょう。ゼルドリスが所有している。聖戦がはじまったときにはじめて披露されます。
また、吸血鬼一族の女性です。エジンバラの吸血鬼王族、黒爪のレンと千塵のゲルダと呼ばれる吸血鬼一族は夜であれば闘級が2倍になるので、ゲルダと邂逅。