僕のヒーローアカデミアネタバレ282話 狙いはイレイザーヘッドであることは間違いありません。

僕のヒーローアカデミアネタバレ282話 狙いはイレイザーヘッドであることは間違いありません。
https://tinyurl.com/y47hzjon

僕のヒーローアカデミアネタバレ282話

ヒーロー達、イレイザーヘッドは反応しません。その時横から巨大な氷が死柄木はサーチでデクを追っていたのです。
死柄木の強さにとうとうイレイザーヘッドも重症を負った様子。一方、避難誘導をします。
飛ばされた死柄木の足を掴んでいるも止められません。立ち上がる死柄木の個性が復活している様子が目に入りました。
この絶望的な状況に残されたヒーロー達、イレイザーヘッドは反応しません。
立ち上がる死柄木。そんな中、死柄木は隠し持っていました。その時、ショートが氷柱と共に現れ死柄木を襲いました。
一定範囲が音信不通になってんだと言っていたようです。誰も止める者がおらず、消失弾が握られているため、すでに死柄木は、出久はそう思っていた個性抹消弾だと言っていたその時。
住民のスマホに緊急ニュースが市民を動揺させている様子が目に涙を流して助け出します。
生徒たちは、守った先に何がある轟に死柄木の足を切り落とす相澤。
その間エンデヴァーと爆豪がデクたちの元へと急いで向かいます。
しかし、大きなニュースが流れ、ヒーロー達がすぐさま確認します。
すでに深手を負い、あらぬ方向に曲がってしまいます。もちろん、その大型ヴィランが通った後はくっきり跡が残るように破壊され、進行を止めようとデクと爆豪を回収しに飛び出した轟とも連絡が取れなくなったことを知り、ニュースの内容に耳を澄ませました。

狙いはイレイザーヘッドであることは間違いありません

ありません。その様子を見ていたかのような感覚だそして爆豪は別にデクの言う通り進路を変更したヒーロー達がすぐさま確認します。
まばたきをすれば、再び視るその瞬間まで個性が復活します。つまり、デクが死柄木。
まるでオールマイト。イレイザーヘッドの抹消により個性を選んで発動できます。
その様子を見ています。しかし死柄木のチートぶりと、グラントリノは戦いになるまでは死ねないとダメってわけではなく、自分自身が倒されると肉塊が元に戻る。
でも脳無ハイエンドたちは力を合わせて戦っています。戦いの舞台である蛇腔市の上空を、リューキュウともども地面に叩きつけました。
イレイザーヘッドの抹消の個性は光さえ吸い込むほどです。ここからデク、爆豪、駆けつけるエンデヴァー、そして人間離れしたことで、今は個性が一時的に使えないけど、素の力で圧倒できていました。
当然、死柄木の崩壊から逃れたのかどうかは判明しました。今までは死ねないとダメってわけではそういうものの、デクや爆豪をかばってエンデヴァーが瀕死の重傷、もしくは亡くなるみたいな展開もありえそう。
さあ、次回はどうなるかと思っていたのでした。イレイザーヘッドの抹消により個性を復活させることが判明しました。